首都高速道路規制

長年の経験と教訓で、安全確実な高速道路規制

道路工事は保安規制により作業帯を確保することから始まります。ことにノンストップで疾走する高速道路などの厳しい条件下では、機敏な保安規制設置が工事の進行を支えます。セシム独自のシステムと保安員の訓練体制は工事の安全、確実性を一歩前進させるものと自負しております。

高速道路等の交通誘導警備

当社は交通誘導の警備会社としては特殊な会社です。

(1)基地(規制車輌の置き場)に集合し打合せ
(2)機材点検・車輌点検の後、工事現場まで車輌(2t車又は4t車)を 回送
(3)工事現場(首都高速道路や一般道)で、保安規制(工事帯を設置し、車線規制)
(4)規制帯設置後、現場代理人・重機オペレーター・職人等の車輌を 規制帯内に誘導
(5)作業中は一般車の監視(暴走車や飲酒/居眠り運転等)及び規制帯内の車輌誘導
(6)作業終了後、作業車を安全に退出させ、規制帯を撤去して基地へ戻り終了

一般に交通誘導を行う警備会社は、警備員が工事現場(現地)で誘導するだけで、車輌を運転しません。
当社は、首都高速道路の関連会社が多く、舗装工事、構造物補修工事(ガードレール・門柱等)、環境対策工事(遮音壁等)などを行っています。工事の種類も、水道工事・ガス工事・電気工事・電話工事が主な取引先となっています。
誘導のみの工事現場もあります。